ルクミー体験パーク

髙沖さんと、ルクミー体験パークの中の人に聞く! オンライン体験後に感じた 子どもの成長って?(前編)

「ルクミー 体験パーク」がスタートして半年。
オンライン体験、ちょっと気になるけど、本当にうちの子が楽しめるのかな・・?と迷っていたりしませんか?
そこで今回は、「体験記」で小学校1年生の娘さんと一緒にたくさんオンライン体験に参加してくれている髙沖さんと、「ルクミー 体験パーク」開発メンバーのひとりかつ、オンライン体験を77本受講のAさんに、続けてみて分かったオンライン体験のあれこれについて語ってもらいました!

髙沖さん:
Aさんは、最初「お子さん向けのオンライン体験プラットホーム」の立ち上げチームに入るとなった時、どんな気持ちでした?

Aさん:正直、、「ん・・?」って気持ちでした笑 「オンライン体験・・?何それ?」といいますか・・苦笑 まだ、コロナ禍でしたが、世の中にオンライン体験そのものが少なかったし、ましてや子ども向けと言ったら、なかなか見つからない状況で・・

なので、当時小学校3年生だった娘と一緒に、目についたオンラインプログラムをとにかく受けてみることから初めてみたんですね。数少ない中ではありましたが、ありとあらゆるオンライン体験を片っ端から受けていると、いくつか気が付くことがありました。中でも最も驚いたのは、オンラインで出会う先生の様子でした。

学校の先生とどことなく違うというか、言葉遣いがフランクで子どもと距離が近い先生が多く、声がけもたとえば「間違えてもいいよ」とか「何でも聞いてね」と子どもが話しやすい環境を作っている印象でした。学校では「ちゃんと聞いてね」といわれることのほうが多いように感じるのですが。

参加している子どもたちもリラックスして好きなことを発言していて。雰囲気が学校の授業とまるで違うんですよね。お子さんによっては寝ころんでいたり、途中で画面の外に出てしまったり。最初は「なにこれ!?ぜんぜんダメじゃん!」と思ったのですが、何回かあちこちのオンラインプログラムに参加していると、子どもたちは自由でのびのびしながらも、プログラムの内容や先生の話にはかなりの興味を持っていて、自分の意見を言い、もっと知りたいことを尋ねたりして、とても主体的に参加していることがわかってきました。

こうした様子を目の当たりにし、オンラインプログラムでなら、学校や塾の「勉強」とまったく違う学びや体験を提供できるのではないかと感じ始めました。

髙沖さん:
いろいろなオンラインプログラムを受けたお子さんの様子はどうでしたか?

Aさん:
当初は私の仕事のために付き合ってくれていたのだと思いますが、ある日授業参観へ行ってみると、娘が挙手するシーンがあり、とても驚きました。じつはうちの娘は、恥ずかしがり屋というか、ちょっと引っ込み事案なところがあって、授業中に手を挙げることなんてほとんど見たことがなかったんです。手を挙げられた理由を娘に聞いてみると、どうやら、これまでは授業中は「あっていること(正解)を言わねば」と感じて本人なりに緊張していたようですが、オンラインでの体験を通じて、「まちがえていても、話していいんだ」と思ったということでした。

髙沖さん:
それは、かなり大きな変化ですね。

Aさん:
そうなんです。ほかにも、ある時ふと娘が学校から持ち帰ってくるテストの「〇」が増えてきているような気がして、遡って書き出してみたら、やはり全体的に点数があがっていることがわかりました。
実はその時期、娘はオンライン体験に出るのが忙しくてw、保育園の頃から続けていた某有名通信教育講座と、某有名計算塾を辞めてしまっていたんです。
当然、学校の成績は落ちるだろうと覚悟していたのですが、全く逆の結果で驚きました。
オンラインプログラムでは学校の勉強とは直接的には関係のないテーマが多かった印象でしたが、娘の話から察するに「知っていることがふえた」ことで、少しでも関連することが授業に出てくると興味がわき、さらに以前より発言もできるようになったため、授業への意欲も増しているようでした。また、オンラインプログラムの中で、先生のお話を聞くコツも多少掴んだみたいで、学校の授業中の話の聞き方も変わってきたことで、良い影響が生まれたのではないかと推測しています。

髙沖さん:
確か、今年の3月に文部科学省から、「21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)特別報告」が公表されましたよね。この中に「体験」に関する記述も出ていまして、幼少期にいろいろな体験をすることが、学習の土台になったり、将来にわたっての非認知能力を育てたりするとか・・!

Aさん:
それ、読みました!
娘のここ1年ほどの変化を見た後だったので、すごい納得しちゃいました。

髙沖さん:
うちは、まさにちょうど3月くらいから色々オンラインで体験数を増やしているところなので、期待大です 笑

後編もお楽しみに!

Aさんの娘さんが受講した体験はこちら!

※実際に受講したのは「恐竜のふしぎ1」です。

特集から体験を探す